PROFILE 候補者プロフィール

性別
男性
学生の出身エリア
東南アジア
大学のタイプ
日本国立大

アクティブ・コネクター
推薦の理由
RECOMMENDATION

大学で化学、修士でバイオテクノロジーを専攻し、生命科学の博士号をお持ちです。大学入学前に数学の勉強をやめてしまったため、修士課程では化学ではなく、バイオテクノロジーを専攻し、下痢を引き起こす真菌の媒介につい手の研究に取り組み、博士課程で寄生生物学こちらの研究を続けられました。
博士課程修了後、6年間京都大学で博士研究員として、癌細胞の特定、分析をし、病原菌に対する抗体の反応について研究されています。

SERVICE FLOW グローバル人材の検索から採用アプローチまでの流れ

  1. Step 1

    検索

    御社が今必要としている人材を、ご検索ください。候補者の職歴、専門、日本語力等が確認できます。

    詳細なプロフィールは登録企業様のみが閲覧可能です

  2. Step 2

    問い合わせをする

    プロフィールを閲覧して、ご興味がある人材がいましたら、お気軽にお問い合わせください。お問い合わせをいただいた時点では、一切費用は発生いたしません。

    紹介手数料は採用が決定した時点で発生いたします。

  3. Step 3

    採用に関するヒアリング

    お問い合わせをいただいた候補者へのアプローチを開始するにあたり、御社の求人要項のヒアリングをさせていただきます。ヒアリング内容をもとに、候補者へのアプローチ、面談設定を行います。

採用担当の方はこちらからご登録下さい

ユーザー登録することでより多くの情報を閲覧できるようになります。
紹介手数料は、採用が決定した時点で発生いたします。安心してご登録ください。

PAGE UP